【パーソナルカラーアナリスト】スクール通学を決めた理由

THOUGHT

パーソナルカラーアナリスト養成講座へ

新しく資格取得のためにスクールを通うことにしました。これまで多くの方にコンサルティングをしてきたのですが、ずっと「資格なんていらない」と言い、独自の感覚でみなさまに私が伝えたいことをお伝えしていました。特に取得せずとも不便は感じていませんでした。

何故ならお会いすればある程度「この人はこうすればもっと輝く」というのが一目見れば分かるから。そして、似合う似合わないに囚われすぎてそこから抜け出せず結局個性が出せない人を沢山見てきているから。資格なくても良いじゃん、持ってる人もそんな良い仕事してないもんって思ってたんです。

「私らしく」「個性」というものを前々から発信していますが、私がここまで熱心に発信するのは理由があって、皆が同じように見えるからというのと、「勿体ない」と感じるからです。

受講する理由

①一定の質担保
②プロの仕事を見たかった
③基本を知っておきたい
・海外の手法を知りたい
・体系的に学ぶことでより良い情報をお客様に伝えたい
・カラーを本格的に学んで幅広い知識を備えておきたい。
・単純に、ワクワクするから!

では、何故今回スクールに通うことにしたかというと、「センスや感覚に頼らずとも一定の質を保つため。」そして、業界のことをある程度知っていた方が良いと感じたため。そして、より高みに、プロとして仕事をしたいと思ったから。

自分はどの立ち位置にいるのだろうか?それを知るためにもできるだけ多くのものに触れ、良いものを取り込むことは大事だと思うのですよね。

まあ、これ自体はずっと前から思っていたのですが、いざ学びたい!と思った時、実際に自分が「ここで学びたい!」と燃え上がれるほどの良いスクールが見つからなかったのです。

その時の私のブチ切れた記事を見つけたのでここに置いておきます!🤣笑
丁度一年前です!私の発信って本当に変わってないですね🤣

【イメージコンサルタントの話】コンサバ系ばかりで萌えないので認定資格を取る気にならない

 

合うスクールが見つからないのが原因で「学びたい」と思いつつもずっと先延ばしになってました。だって、どこを見学しても、イケテナイだもの!出されるサンプルは一昔前のCamcanファッション、コンサバ、フリフリ、無駄な布がおおい色気のないものたちばかり。そんな時代遅れなセンスをもった講師陣に教えてもらいたいとは思えなくて。お金を払う気に全くならない。(先ほどのブログを読めばよく分かると思います…笑)

私はもっと屈強で目の覚めるほどの美女を育成するプロフェッショナル!ワールドワイド!な女性を輩出していきたいので。それ以外には興味ないのですよ。無難な女育成講座なんて、一体誰がくるの?そんなコンサバな女よりも私はもっとバチイケな向上心のある素敵な世界を持った女性を欲しているのですよ。

で、やっとそんなスクールに出会えたので通学を決めました。

カラーアナリストについて

さて、カラーアナリストについて専門的に学ぶことを決めた私ですが、これもいくつか理由があります。

私は似合う似合わないの感覚は分かるので、その人のオーラや雰囲気も踏まえつつ「色」をお伝えしていました。そこに於いては、確固たる自信はあるものの、私の感じるものが世間で言われているパーソナルカラーと果たして合致しているのか、自分の感覚がどれほど実際に当たっているのか、、それを知ってみたかったのです。

自分が感じるものは「オーラ」やその人の雰囲気結構影響を受けていて、それを加味した全体的な印象から「似合う色」をお伝えしていますから、オーラなどを一切排除してその人の見た目、素質だけの観点でも見てみたい、と思ったからです。

つまり、オーラ、先入観を除去した上での「見た目だけでの診断」「客観的な数値による分析」も身に付けてみたいという私なりの好奇心!感覚に頼らない診断というか。そして、それは説得力にも繋がると思うのです。

そして、自分の経験も。

人のことは分かるのですが自分のことは分からなかったりしますよね。私も以前は似合わないものを身に付けていました。つい最近まで髪色は金に近いかなり明るいいろでハイライトをゴリゴリに入れていたのですが、黒髪、暗い色の方が似合うと言われそうした結果、周りにすごく黒髪が映えると言われるようになったのです。元々の肌の白さが映えると自分でも感じるようになりました。

 

似合う似合わない以前に「自分がどこに理想を置いているか、どんな自分になりたいか」を決めるのが大事、似合うに囚われすぎ!とずっと思っていた私ですが、

理想の自分になるパターンは何パターンもあるんですよね。

金髪にオールブラック、ヌーディベージュなスタイリングも私は好きだった。でも、黒髪に青みピンクのリップ、ストレートヘアというスタイリングもあって、どっちも屈強な自分は叶えられるのですよ。その上で、どっちを選ぶか。どっちの方が魅力的に映るか?

それを選択できるようになるのが、パーソナルカラーアナリストとしての知識だと思ったんですよね。

個性を出すにしても、似合う似合わないの土台は知っておくべきなんです。なので、私はこの知識を元にみなさまをもっと屈強に美女にキラッキラになってもらおう〜❣️と、ワクワクしています。

自分自身が似合わないものを選んで、勿体ない経験をした過去があるというのは大きな理由です!

最近でいうと、似合うと言われているパープルのアイシャドウでテンション上がってました!🤣❣️

ということで、今回はお知らせと、それに追随する理由についてでした。

久々のブログ投稿となりましたがこれからまた少しずつ投稿していこうと思います。自分の思考をもっとまとめてみなさまにお届けできるように頑張ります❤︎

では!