脇役で満足できない人は、主役になるべき人。そして、主役になる努力をすべき人。

THOUGHT

こんにちは♡ミカローランドです。書くからにはちゃんと濃い記事書きたいなあと思っていたら、こんな頻度になっちゃいますね☺️🙏💕

相変わらず、フォロワーのみんなが優しくて毎日幸せいっぱいです☺️💕

自分のことを発信していく中でよく「みかさんみたいにつよつよに自信溢れた感じになりたいです」と言われるのですが、わたしがこうもつよつよを押し出せるようになったきっかけは、ある女性に出会ったことなんです。

性別を超えて魅力的な人ってこういう人なんだなと感動したし、こんなにパンチ強い人見たことない、私ってこっちを目指すべきだなってその時確信して。その人の存在があったからこそ、自分の素質を良い方に生かせるんだなと気づいたし、きちんとそれを出していこうと思えるようになりました。

で、わたしもそんな風に人を魅了して、『こんなヤバい人いるんだ、、!衝撃!』みたいな、ロールモデルになれたらなと思ってます🤣私がそうだったように、これまで見たことのないカテゴリーでの魅力って結構衝撃的なのですよ。こんなやり方もあるの!?って、驚きます。😌笑

女性でいうと、魅力的ってどうしても日本はおしとやかで綺麗で素敵な人〜ってカテゴリーしか見つからないんですが、クレイジーでエネルギッシュで素敵な人ってカテゴリーも存在するんですよね、、。それを知らないと、おしとやかになるしか無いのかなって思ってしまうんだけど、そうじゃないって知れるのが最重要。色んなバリエーションがあるんです。私の周りのように、つよつよにガッツある美女たちが、私は好きで、自分もそうありたいと思います。

https://mikaroland.com/wp-content/uploads/2020/01/d66a9c4f605d4110866fb20ad12bdd39-1.mov

昔はこうやって、自分の個性が嫌いでたまらなかった。周りみたいにおしとやかになれない自分、取り巻きと一緒に騒げない自分って性格悪いと思ってたの。

でも違うんだよね、とりまきの人たちは、そういう世界で生きてて違和感を感じないタイプの人で、私がそこに合わせようとしても絶対無理なの。わたし、取り巻きにはなれないタイプなの。どう頑張っても。「その他大勢」というポジションには違和感を感じてしょうがない😹笑

なので、わたしは取り巻きじゃなくて主役が向いてるってだけで、性格が良いも悪いも関係ないんだよね。取り巻きで満足する人と、満足しない人。私は取り巻きは絶対に無理だったなあ、、。

というメッセージ。

まとめると、「脇役に違和感のある人はその違和感を大切にして、主役になる努力をすれば良い」ってこと。違和感を感じるってことは、主役の素質があるということなのです。